成功するために

*ホーム*家を売りたい!査定はどうするの?

きれいな季節

家を売る場合は査定を受けなければいけませんが、
その際の方法には机上査定と訪問査定の2種類があります。

 

いずれも無料で利用することができ、査定だけ
受けてみて売るかどうかを考えたり、あるいは
別の業者からも金額を出してもらい
比較するといったことも可能です。

 

そして両者の査定方法は特徴が異なりますので
適宜使い分けると良いでしょう。

 

机上査定の特徴は直接的に業者と会わずとも良いことです。

オンラインで済ませることができますので
簡単に家の価値を知ることができます。

 

また、一括でまとめて数社に依頼できるサービスも
ありますから、ひとつひとつの業者に手間をかけ
申し込みをせずとも、一挙に各業者の金額を
調べることも可能です。

 

手間が小さく簡単な方法ですが、ただ家を
直接見るわけではありませんので精度は高くありません。

 

そのためおおよその価値を調べる目的や
相場の把握、業者の絞り込みなどで利用するのが
良いと言えるでしょう。

 

朝日が見える

訪問査定の特徴は実際に家を見てもらって
価値を付けてもらう方法ですので精度が高いことです。

 

より具体性のある金額を提示してもらうことが
できますので、売却のイメージをもちやすく
販売計画も立てやすくなると言えます。

 

また、直接的なやりとりができますから
スムーズに話を詰めていくことも可能です。

 

短所としては、時間的な都合をつける必要がある、
直接的に営業を受けることになるなどが挙げられますが、
売却に向けての意思がまだ決まっていないと
煩わしく感じられる可能性があります。