暖簾購入にあたり知っておきたいこと

*ホーム*のれんの基本知識

のれんの歴史

現代ではのれん通販を利用して手軽に購入できるのれんは
平安時代にはすでに利用されていた歴史ある道具です。


用途は主に日差しや風除け、チリやホコリが入ってこないようにしたり
人目を遮るといった実用的な目的で使われていました。


そのため、当初は色も白無地や色無地が多く、現在のように
デザイン性やメッセージ性のあるものが出現するのは
鎌倉時代以降になってからです。

オリジナルのれん通販について考える

  1. のれん通販のことなど思う事
    https://pigtalecomic.com/
  2. のれん通販の人気商品
    https://dumankolkerrealty.com/
  3. 京都のれんをオーダー!手書きデザインができるのも魅力的
    https://www.greekweblinks.com/

実用的
商家がのれんの中央に商標などを描くようになり、室町時代に入ると
多くの商家が独自の意匠を入れ他家との差別化を図るようにになりました。


屋号や業種などを一目で伝えることができるのれんは
庶民の識字率が高まる江戸時代になると、意匠だけでなく
文字もデザインに組み込まれ、よりメッセージ性が
高まるようになりました。


色には業種による決まり事があり、基礎知識を持っていないと
人々の笑い者になるほど、のれんは庶民にも広く浸透していたようです。


標準的なサイズは丈が113センチと決まっていて、丈の長さによって呼び名も変化します。


標準の半分の丈の長さのものは「半のれん」と呼び、並んでいる品物や
店内の様子が見えやすいのが特徴です。


反対に標準的なサイズより長い「長のれん」は、出入り口の目隠しの役目のほかに、
商品などに日が当たらないよう日除けに用いることができます。


横幅は一布につき約34センチで、当時は三枚布が主流でした。
今では、昔ながらのルールにとらわれない色々な布数のものが
のれん通販で販売されています。