暖簾購入にあたり知っておきたいこと

旅館における湯のれんの役割

旅館は多くの人が利用する場であり、料理などで火を使う場でもあります。
このような場所で火災が発生すると甚大な被害は避けられません。


火災が発生した場合、被害をできるだけ小さく抑えるために役立つのが「防炎仕様のれん」です。
燃えるのを防ぐといっても、のれん自体が燃えずに残るという意味ではなく、
「燃え広がりを防ぐ」役割をするものです。

防炎仕様

例えるなら、防火シャッターのような働きをします。
のれんは大浴場の出入り口などに設置されることが多いですが、
のれんは火災の燃え広がりを防ぐこと以外にも、間仕切りとして
中が丸見えにならないようにするという役割もあります。

のれんを新たに設置する、または古くなったものを新しくしたい場合は
火災に対して強みのある布地や透け感のない布地で制作すると安心です。

発注者の要望通りにのれんを制作したい場合は、オリジナルのれんの専門ショップが便利です。
専門的にのれんを制作しているショップでは、取り扱っている全ての生地に
燃え広がりを抑える加工を施すことができます。

加工を施す

防災協会認定の証明書が発行されるところもあります。
のれんはその旅館の看板にもなりますので、既製品ではふさわしくない場合があります。

こだわりを持って制作するなら、やはりオリジナルのれん専門ショップがおすすめです。
専門ショップであれば、オーダーメイドでも低コストで作ることができます。

用途に合わせた生地などを自由に選べるので思い通りに仕上がります。
例えば、大浴場に設置するのれんには中厚綿生地のシャークスキンや厚手のカツラギ、
化繊のポリエステル帆布などが向いています。

印刷や仕立ても選べますし、フルカラープリントの特注などにも対応するショップもあります。